制服を脱いでサヨナラを…

from 太陽ノック

歌唱メンバー
齋藤飛鳥、星野みなみ

飛鳥 星野

この制服を脱いで自由になろう
JKの特権にサヨナラを…
若さに甘えられない
ちゃんと自分の足で歩いてくんだ

飛鳥

知らなくて当たり前だ
できなくてもいいじゃないかなんて

飛鳥 星野

いつだって誰かが手を差し伸べてくれた
環境が息苦しくなって来た

星野

まだまだ知らなくてもいい
大人になればわかって来る

飛鳥 星野

そんな風に過保護に守られていることが
今のこの私をダメにしてる

飛鳥

傷ついてもいいから

星野

(泣いたっていいから)

飛鳥

大人扱いして欲しいよ

星野

目を背けず その現実

飛鳥 星野

すべてと向き合ってみたい〜
 
 

星野

そんなに急ぐことはない

飛鳥

みんないつかは大人になる

飛鳥 星野

無責任に答えを先延ばしにするけど
苛立った気持ち止められない

星野

間違ってもいいから

飛鳥

(失敗してもいいから)

星野

自分の意見持っていたい

飛鳥

一度きりの人生だもん

飛鳥 星野

やりたいようにやってみよう〜
 
 

飛鳥

この制服を脱いで自由になろう
JKの特権にサヨナラを…

星野

イノセントな鎧など
必要はない

飛鳥 星野

さあ 常識になんて縛られないで〜
 
 
 

歌詞引用 : 秋元康「制服を脱いでサヨナラを…」